フィリピン パヤタス地区でのスタディーツアー、ワーク体験、ボランティア

スタディツアー

※新しいページはコチラになります。
⇒ http://www.saltpayatas.com/ex3-program

「現地に行ってみたい」「自分の目でみてみたい」

ソルト・パヤタス現地体験プログラム4つのコース

ソルト・パヤタス現地体験プログラムの特徴

プログラムの内容

現地のお母さんたちの手料理による食事

仕事体験

料金の目安

資料のダウンロード

お願い

お申込み

「現地に行ってみたい」「自分の目でみてみたい」

ソルト・パヤタスはその希望を実現するお手伝いをしています。

ソルト・パヤタスの現地生活体験プログラムは、フィリピン、ケソン市 パヤタス地区、リサール州カシグラハン地区の住民の協力を得て、その暮らしを 見せてもらい、体験し、住民と対話することによって、本当の現地の状況や人々の思いを、直接参加者の方ご自身で感じていただくことを目的としたプログラムです。

1995年からこれまで2500名を超える方々を現地にご案内してきました。それぞれが日本では得難い気付きや学びを得て帰られます。訪問がきっかけとなり、人生が変わった方もいらっしゃいます。

「TVや映画で見て想像していたのとは、現実の印象は違った…援助とは何か考えさせられた…」
「日本では見れないこと、体験できないことばかりで、本当に参加して良かった…」
「まさに百聞は一見にしかず。大変な環境の中、自分たちの力で改善に向けチャレンジし続けている皆さんの姿に元気をいただきました…」
「また会いに来たい」
「自分の悩みはちっぽけ。うまく言えないが、これから生きる意味を考えて人生を歩んでいきたい…」
「子どもと一緒に参加してみてよかった。子どもがいろんなことを考えるきっかけになったと思う…」

現地の住民の方たちにとっても、このプログラムは役立っています。
参加費には、現地住民団体への報酬、地域の子どもたちへの教育活動としての寄付が含まれています。

外からわざわざこの地に足を運んで来てくれる人がいる、関心を持つ人がいる、このことはこの地で暮らす人たち、とりわけ前向きに頑張ろうとする人たちにとって励みになっています。
参加していただくことが、現地のエンパワメントにつながります。

上へもどる

ソルト・パヤタス現地体験プログラム4つのコース

ご希望やお時間の制約、ご予算に合わせ、4つのコースをご用意しています。

■3時間コース
パヤタスかカシグラハン地域のいずれかをショートカットでご訪問いただくコースです。(お食事なし)
学校や職場の研修旅行等でご活用いただいております。

■5時間コース
パヤタスかカシグラハン地域のいずれかをご訪問いただくコースです。お仕事体験ができます。
大学のサークルやゼミでのスタディツアー等の中の一部としてご利用いただいております。

■1日コース
パヤタスとカシグラハンの両地域を訪問し、仕事体験や家庭訪問などの基本メニューを網羅した最も人気のあるコースです。1名で、あるいはご家族でのご参加をお受けしております。
小さなお子様の参加について

■2日間コース
2日間コースでは、フィリピン語のレッスンを行なってから現地に入り、パヤタスとカシグラハンの両地域を1日ずつかけてゆっくり体験・交流できるコースです。
訪問先のコミュニティーで日常使われている言語はフィリピン語です。フィリピン語の挨拶や簡単な会話ができれば、住民との距離が近づきます。

各コースの内容の詳細はこちらです。
各コース詳細メニュー

さらに、同行スタッフの使用言語によって下記の3つのコースがございます。

■フィリピン人スタッフ同行コース
現地で日常使われている言語はフィリピン語です。説明は英語で行い、交流の時はフィリピン語を英語に通訳します。(日本人不在)

■フィリピン人スタッフと通訳同行コース
基本的に現地での説明は英語ですが、随所で日本人スタッフによる通訳サポートが付きます。
説明は大体英語で理解できるけれど、交流や質疑応答の時に通訳の補助が欲しい、という方向けです。送迎時は日本人は不在です。

■ベテラン日本人スタッフ同行コース
始めから終わりまで、全体を通して、細かな通訳や補足説明を必要とされる方、または日本人スタッフとの質疑・交流も望まれる方のためのコースです。

※すべてのコースにつきまして、お申込みは実施希望日の2週間前までにお願いしております。
※万一の事故や疾病などに備え、必ず海外旅行保険にご加入いただいております。

上へもどる

ソルト・パヤタス現地体験プログラムの特徴

■参加費には地域の子どもたちへの教育活動としての寄付や現地住民への報酬が含まれています。
■現地体験プログラムは1名様からご参加いただけます。
■訪問先と滞在する時間によって4つのコースからお選びいただけます。
■年間通してお受けしています。ご自身のご都合で体験日をお選びいただけます。
実施可能日は、現地体験プログラム実施日カレンダーをご参照ください。
■マニラ首都圏※であれば、ホテルからドアtoドアで送迎いたします。                 ケソン市内:無料、ケソン市外:500ペソ(※モンテルンパ市、ラスピニャス市は除く。)
■ご案内をするスタッフを、フィリピン人、日本人からお選びいただけます。
■ご希望の方には、日本でご心配されているご家族向けに、日本の事務局から当日途中報告、終了報告の メールをお送りします。

上へもどる

プログラムの内容

■訪問地について
訪問地は、ケソン市パヤタスルパンパンガコ地区(パヤタス)と
リサール州ロドリゲス町バランガイサンホセ、カシグラハンビレッジ(KV)です。

メトロマニラ主要地域からの移動時間の目安は下記の通りです。

ケソン市パヤタス、ルパンパガコ地区
マニラ国際空港から 約2時間半
マカティー市中心部から 約1時間半
マニラ市から 約1時間
マンダルヨン市から 約1時間
ケソン市中心部から 約30分

リサール州ロドリゲス町バランガイサンホセ、カシグラハンビレッジ
マニラ国際空港から 約3時間
マカティー市中心部から 約2時間
マニラ市から 約1時間半
マンダルヨン市から 約1時間半
ケソン市中心部から 約1時間

■前日・当日のご宿泊場所について

マニラ首都圏は渋滞が大変激しくなっています。移動のみで3~4時間を無駄にしてしまわないために、
前日、当日の宿泊場所については、ケソン市(Quezon City)でのご宿泊をお奨めいたします。

プログラムには、以下のような活動が含まれています。

■オリエンテーション

1日の始まりは、受け入れてくれる住民の皆さんとの挨拶から。自己紹介をして、訪問の目的や1日の流れを共有して、現地の人達と過ごす濃い1日がスタートします。

■ゴミ山遠景視察

パヤタスの事業地へ移動中、パヤタスのごみ山の全貌が見える場所へ立ち寄り、ゴミ山を見ながら、ゴミ山の概要についてご紹介いたします。

■パヤタス地区 ゴミ山崩落事故の慰霊碑訪問

2000年7月、ゴミの山の雪崩で300名を超える人がゴミに埋もれ命を落としました。大勢の子どもたちも含まれていました。犠牲者と、表面上はなかなか見えませんが、今も痛みを抱えて暮らしているパヤタスの人達の心に思いを馳せる時間です。

■地域散策

人々が行きかう路地、買い物をする市場、子どもたちの通う学校、村役場、クリニックなど、地域の中を住民と一緒に歩きながら人々の暮らしを五感で感じるひとときです。

■家庭訪問

家庭に実際にお邪魔して、家の中を見せてもらったり、家族と交流したり、家族から生活状況や将来の夢などを話してもらったりします。訪問先のご家族から、逆に、日本や参加される方の個人的なことについて質問されることもあります。

■ソルト・パヤタスの活動の説明

現地で日々行っている活動内容やその成果、また現場で直面する課題や悩みなど、現地でしかできないお話をさせていただきます。

■子ども図書館の見学

子どもエンパワメント事業
(奨学金支援事業、補習授業、子ども図書館、ライフスキルトレーニング)について、ご紹介いたします。

■パヤタスの女性たちのソーシャルビジネスグループ「Likha」の見学

カラフルでポップな手刺しゅう商品を次々と生み出し、その収益で子どもたちの教育を支える現地の女性グループ「Likha(リカ)」。女性たちの仕事の現場を見せてもらい、課題やこれからの夢、そして彼女たちの力の源を教えてもらいます。

■食事

現地の料理自慢の女性が、日本人をうならせるため腕によりをかけて作るフィリピン家庭料理です。メニューは以下よりお選び頂けます。食物アレルギーがある方、食べられないものがある方、また、ぜひこれは食べてみたいという料理がある方は、事前にお知らせくだされば、考慮したメニューに致します。

■住民やスタッフとの振り返り、意見交換

訪問した感想や疑問などを、住民やソルトのスタッフとシェアし、意見交換を行います。特に関心のあるテーマ、訊いてみたいテーマ、堀りさげてみたいテーマがあれば事前にお伝えください。

■仕事体験

住民の方たちが、日々どういう仕事で暮らしているのか、何時間働いていくら得ているのか、実際に仕事を体験させてもらって、労働と実際の貨幣価値を体感します。お仕事内容は以下のお仕事リストよりお選びいただきます。

■オプション1「子どもたちとの交流会」(土曜日のみ)

お互い出し物を披露したり、テーマを決めデスカッションを行ったり、レクレーションなどを行います。
※子どもたちに給食を準備します。諸経費として2000ペソ追加料金がかかります。

■オプション2「学校視察」(平日のみ)

地域にある公立学校を訪問し、先生のお話、学校視察、授業視察などを行います。
※子どもたちの教育環境改善に役立てていただくため学校への寄付を行います。2000ペソ追加料金がかかります。
IMG_0174IMG_0135

■オプション3「医療機関視察」(平日のみ)

地域にある保健施設等を訪問し、医療の実態を見学します。
※患者の方々へのサービス改善に役立てて頂くためクリニックへ寄付を行います。2000ペソ追加料金がかかります。

※オプションを選択された場合、お仕事体験、家庭訪問の時間が無くなります。メニュー以外の希望がある場合はご相談下さい。また、お申込は必ず一カ月以上前にお願いします。

上へもどる

現地のお母さんたちの手料理による食事

pict_taiken_cook01pict_taiken_cook03
調理は、わかば子どもエンパワメントセンターに併設されているキッチンで行います。毎日子ども達のための給食を作る場所です。料理を担当する女性たちは、衛生面に関する事前講義やトレーニングを受けた女性たちです。調理したてのものをお出しすること、デザートのバナナ以外は生ものは出さないことをお願いしています。万一、現地での手料理はちょっと・・・という場合は、事前に事務局までご相談下さい。

■Adobo(アドボ)- フィリピンのおふくろの味

pict_taiken_cook04
肉を甘辛く煮た、肉じゃがのような料理。ガーリックと油で肉を炒めて、酢とお醤油で味付けします。ごはんにとっても合います。家庭によって微妙に味が違い、チキンアドボ、ポークアドボがあります。肉を取り出して焼いたあと漬け汁に戻し、柔らかくなるまで煮込みます。肉は酢漬けにしたことで非常に柔らかくなっており、また、複数の調味料の味が溶け合って奥深い味になっています。

■Sinigang(シニガン)- ご飯に合わせる酸味の効いたスープ

pict_taiken_cook05
魚介類または肉を具とした酸味のきいたスープです。酸味のもとはタマリンド(植物)。シニガンや後述のTinola(ティノラ)などの汁気の多い料理は、ご飯に混ぜて食べるのがフィリピン流。まずは汁をすくってご飯にかけ、そこに具をとってよく混ぜてから食べます。

■Tinola(ティノラ)- 鶏肉を煮込んだスープ

pict_taiken_cook06
ガーリック、たまねぎを油で炒め、香りが出てきたら鶏肉を入れてさらに炒めます。そこに水、塩を投入して柔らかくなるまで煮込み、仕上げにカブなどの野菜を入れて再び煮込んで完成です。地鶏と青パパイヤの入ったティノラは特に美味。

■Pinakbet(ピナクベット)- フィリピンのラタトゥイユ

pict_taiken_cook07
フィリピンの定番野菜料理。味付けは、バゴオン(フィリピンの塩辛)という調味料だけで煮込んだシンプルな料理です。野菜をふんだんにいただけるので、身体に優しいです。

■Chicken curry(チキンカレー)- 想像通りの安定の味

pict_taiken_curry
肉と野菜を香辛料とココナッツミルクで煮込んだフィリピン特有のカレーです。ココナッツミルクを使用しているため、甘みは強いですが、タイのグリーンカレーのような辛みはほとんどありませんので、辛いのが苦手な方でもご安心。現在では国際的に人気のある料理のひとつ。

上へもどる

仕事体験

以下より、お選び下さい。現地の急な環境の変化、天候、その他やむを得ない事情により、ご希望通りの仕事ができない時やプログラムの内容変更などが入る場合があります。予めご了承下さい。

■Banana cue(バナナのおやつ)を作って、売るお仕事(カシグラハン)

pict_taiken_banana04pict_taiken_banana03
フィリピンの代表的おやつ、バナナキューを作り販売している家庭にお邪魔します。バナナキューはバナナの皮を剥くところから始まります。油に直接砂糖を入れ、ひとつひとつ油で丁寧に揚げ、串に刺して完成となります。完成後はホストファミリーと一緒にコミュニティーをまわり売り歩きます。自分で作ったものを食べることもできます。

■Door – mat(玄関マット)作りのお仕事(カシグラハン)

pict_taiken_doormat01pict_taiken_doormat02
フィリピンで一般的に使われている玄関マットを作っているお宅にお邪魔します。玄関マットはミシンなど使わず手編みで最初から最後まで完成させます。ホストファミリーがひとつひとつ丁寧に教えてくれるので、楽しんで取り組むことができます。できあがったドアマットはおみやげに持ち帰ることも可能です。お土産にその家で作ったマットを沢山買って帰られる方もいます。

■Cross‐stitch(クロスステッチ)の内職のお仕事(パヤタス)

pict_taiken_cross01pict_taiken_cross02
Likha メンバーのお宅で刺しゅう体験をします。好きな色の刺繍糸を選び自分の名前を縫い上げます。女性たちがマンツーマンで丁寧に教えてくれるので、縫い物好きな方はもちろんのこと、全くはじめての方も楽しんでできます。また、刺しゅうの体験をしながら、家庭の雰囲気も味わうことができます。完成した刺しゅうはLikhaセンターでタオルに縫い付けてもらい、持ち帰ることができます。

■路上販売(焼売、野菜)のお仕事(カシグラハン)

pict_taiken_booth01pict_taiken_booth02
路上販売は荷台が付いて、野菜や焼売がのった自転車を押しながら、野菜や焼売をコミュニティー内で売り歩く仕事です。焼売は売るだけでなく、一から作るところも体験できます。販売しながら、コミュニティーの様子をゆっくりと見て回れるので、街の様子などが知りたい方にはオススメのプログラムです。

■ソルト・パヤタスにお任せ

ソルト・パヤタスでは、お申し込み時に、あなたの体験したいご要望・趣味・嗜好に合わせて、カスタマイズしたコースをご用意させていただきます。ご希望の際は、お問い合わせにてご連絡ください。

上へもどる

参加費について

参加費には地域の子どもたちへの教育活動としての寄付や現地住民への報酬が含まれています。
このプログラムは、ご参加いただくことで現地の住民に仕事や収入の機会ができ、参加費が子ども達の教育支援活動の資金源になります。
くわしくは、参加費の内訳をご覧ください。

2014年1月から9月までに、ご参加によって生み出された教育活動資金

参加費は、お選び頂くコースや参加人数、送迎車の有無によって参加費が変わります。
各コースの参加費の目安はこちらです。
参加費の目安

正確なお見積りが必要な方は「現地体験参加お問い合わせ」より必要事項をご記入の上、ご連絡ください。
参加費のお支払方法は2つあります。
1.日本で指定口座にお振込み頂く。
2.現地で直接お支払い頂く。
※基本的には、現地通貨ペソで設定させていただいております。
やむを得ない場合、円でお支払いただくことも可能ですが、お釣りのないようご準備ください。また、当日の換金所のレートを使用させて頂きます。予め、ご了承ください。

※航空券代、宿泊費は参加費に含まれていません。
お申込後のキャンセルについて

上へもどる

資料のダウンロード

現地で活動するNGOだからできるプログラムの内容を資料にまとめました。
資料のダウンロードはこちらからパヤタス地区の立退き

上へもどる

お願い

※Likhaへのアポなしの突然のご訪問について
事前の打診や依頼がなく、突然Likhaセンターにお立寄りになる方がいらっしゃいます。それをされますとLikhaの生産スケジュールやその他業務に支障が出、収入の低下につながることがございます。Likhaの女性たちは、来訪者に対し笑顔で応対してくれますが、実際は仕事の手を止め、迷惑をかけているということがございます。せっかくフィリピンに来たのだから限られた時間で現地に行ってみたい、見てみたいという気持ちはお察ししますが、住民の方の事情をご理解、ご配慮の上、節度を持って突然の訪問はお控えくださいますようお願いいたします。

お申込み

お申込みから実施までの流れ

参加申込みから実施までの流れはこちらから

お申込みはこちらから

現地体験プログラム参加お申込みはこちらから

お問い合わせはこちらから

現地体験プログラム参加お問い合わせはこちらから

上へもどる

PAGE TOP