フィリピン パヤタス地区でのスタディーツアー、ワーク体験、ボランティア

女性エンパワメント事業

女性エンパワメントとは

刺しゅうの仕事はこうして始まりました・・・

作り手について・・・

成長のあしあと・・・

お母さんたちの夢

日本とのつながり

女性エンパワメントとは

ごみ拾いに代わる収入源をみつけ、生活を少しでも安定・向上させたいと願う女性を対象に、クロスステッチ製品の製作、販売を通して、収入の機会を創る活動です。生産者が安全な仕事で安定した収入を得ることはもちろん、生産活動やグループでの運営を通じて、様々な能力や自信を身につけていくことを目的としています。

活動は2000年に始まり、今はLikha(リカ)というグループができ、現地の女性達がいきいきと働く場になっています。

上へ戻る

刺しゅうの仕事はこうして始まりました・・・

[女性エンパワメント]2000年7月ゴミ山崩落事故現場

2000年7月10日、パヤタス地区のゴミ山の崩落事故によって、子どもから大人まで数百名の人が生き埋めになる大惨事が起こりました。ごみ山のすぐ傍に住み、山でリサイクル資源を拾い集め、少ない現金収入を得ていた人たちは、この事故によって家族を失い、家を飲み込まれ、収入源も失いました。

外からの緊急支援はすぐに止まりました。ごみ拾いで収入を得ていた人は閉鎖によって仕事がなくなり、支援もなくなって、目に見えて追い詰められていきました。食べるものがなくなり、生まれたばかりの子どもにアモと呼ばれる米のとぎ汁を温めたものだけを飲ませ、やがてはそれすらあげられなくなった母親もいました。

[ママエンパワメント]Siony刺しゅう

小さな子どもをもつ女性でも、子どもの面倒を見ながらできる仕事、すぐ現金収入になる仕事を探していたとき、当時マニラに滞在していた、ある日本人女性ボランティアから、クロスステッチという案が出されました。クロスステッチという刺繍の技法は、マニラで既に普及しており、初めての人でも技術を身につけやすく比較的早く製品を作れるようになること、元手がかからず、針と糸があればいつでもどこでもできるという利点がありました。生まれてからずっと肉体労働ばかりで、細かな手仕事をしたことがない人でも、本人の努力次第で早く現金収入を得られます。現地の女性の中から希望者も募り、現地でクロスステッチのトレーニングが始まりました。

上へ戻る

作り手について・・・

「辛いことはたくさんあるけど、笑ってないとね。自分が笑ってないと、子どもたちも笑えないでしょ。」

今日も、子ども達の未来を思いながら、手にとって下さる人の笑顔を思いながら、笑顔で、一針一針、ちくちくちくちく縫っています。

ロレッタさん(サブリーダー)・・・現在、子育て専念中(育児休暇中)!!

[女性エンパワメント]loretaロレッタさんは、家が貧しく、中学の学費が払えず中退していました。そのことがずっと心残りでした。中学ではパソコンの授業があります。復学して、パソコンを使えるようになって仕事に就きたい、それが彼女の夢でした。刺繍のグループに入り、刺繍の仕事で得た収入を少しずつ貯め、復学し、働きながら、勉強や家事、育児をこなし、パソコンを学び、卒業証書を手にしました。ロレッタさんは、パソコンの技術を生かして、在庫管理を担当しています。

ダンダンさん(リーダー)

pict_mama_made_023人の子どものお母さんでもあるLikha(リカ)のリーダーのダンダンさんの夢は「子どもの夢を応援すること!」「(ごみ山をなくすことはできないけれど)パヤタスを刺しゅうで有名な町にすること!」の2つ。

ダンダンさん自身も幼い頃、スカベンジャーの経験がありトタンの破片で足を切ったことがあり『地域の子どもたちに、危険なごみ拾いをさせたくない』と、“刺しゅう”で子ども達が安心して暮らせる町づくりに日々、奮闘しています。

ビッキーさん(マネージャー)

[女性エンパワメント]vicky「自分は、前は人から寄付をもらって助けてもらうだけでした。けれど今は、自分たちは刺繍の仕事を通して自分たちのことを外の人に知ってもらうことができます。日本の人たちとつながり、自分のように貧しく収入がなくて苦しんでいる女性に、仕事を教え、分けてあげることができます。自分が、より困っている人を助けることができていることが、一番嬉しいです。」

2010年3月、初めてパスポートを作り、日本にやってきました。日本に来て、多くの支援者に支えられている自分たちを知り、たくさんの励ましの言葉をいただいたこと、日本の市場に並ぶ製品を目にし、分刻みで動く交通機関に乗って多いに刺激を受け、その刺激を現地の他の女性たちに伝え続けているビッキーさんです。

上へ戻る

成長のあしあと・・・

クマのデザイン

2004年、最初に出来上がったのは、こんな形でした。

初代クマ

2011年、滑らかな曲線を表現できるようになりました。

MINIベア

2012年、クロスステッチ以外でも、できる刺繍技法が増えました。

サンパギータ

綿、麻、タオル、ガーゼ、直接布に刺繍ができるようになりました。

刺繍だけでなく、縫製、在庫管理、経理、パッキング、ディスプレイ、営業活動など、お母さんたちは徐々に「できること」を増やしていきました。

挑戦の連続でしたが、乗り越えたことは全て自信につながり、それが次の挑戦への土台になっていきます。

上へ戻る

お母さんたちの夢

pict_mama_dream_012010年、お母さんたちは刺繍グループの名前をLikha(リカ)と名付けました。創り出す、生み出すという意味の現地の言葉です。彼女たち全員の夢は、自分の収入で、子どもたちを大学に行かせることです。Likhaの女性たちは小学校、中学校中退がほとんど。子どもたちには学ぶ機会を創ってあげたいと願っています。

そして、新たな目標もできました。新たな目標は、自分たちが働く機会を得たように、他の女性たちにもそのチャンスを提供すること、そして、地域に住む学校に行くことのできない子どもたちを支援することです。「利益が出たら、その利益の3分の1を子どもたちの教育支援に充てよう、Likhaの女性たちが作ったルールです。

上へ戻る

日本とのつながり

pict_mama_tunagari_01Likhaが生まれた背後には、たくさんの日本の女性たちの姿があります。開始当時から駐在員の主婦たちが中心となって、代々バトンをつなぐように、商品開発や販売のサポートを行ってきました。多くのボランティアの人たち、歴代のインターン、そしてスタディツアーで現地を訪れLikhaの刺繍を少しずつ広げてくださった方たちとの絆が、今のLikhaの女性たちの笑顔の源になっています。彼女たちとつながり、そのチャレンジをぜひ見守って下さい。

 

お買い物で現地の女性を応援!
↑↑↑
※Likhaの女性たちの創る製品を販売するOnline shopへと移動します。

上へ戻る

PAGE TOP