ブログ

The impact of the volcanic eruption in the Philippines.

1月12日、フィリピンのメトロマニラから南へ70キロ離れた場所にあるタール火山が噴火しました。
 
弊団体の事業地であるケソン市・リサール州では翌日の13日に若干火山灰が降ってきた程度で、大きな被害を受けることはありませんでした。スタディーツアーや現地の事業は通常通りに実施をしております。
 
しかし現地当局は「再度活性化の可能性有り」と発表しており、引き続き警戒が必要な状況です。
近日中にフィリピンへ渡航予定の方は、万が一再度の噴火でマニラ空港が閉鎖された時の対応についての準備と、多めのマスクの持参をしていらしてください。
 
引き続き、現地の動きや変化があればお伝えをさせて頂きます。
 
井上

Related post

Comment are closed.
Return Top