食糧支援活動報告(4月20〜25日)

活動報告

4月20日~25日に実施しました活動実績について、まとめてご報告をさせて頂きます!
 
4月20日@パヤタス
対象者:137人
活動:お粥の炊き出し
 
4月21日@パヤタス
対象者:117世帯
活動:食料品の配布(米、穀物、パスタ、塩、砂糖、緑豆、コーヒー)
 
4月22日@パヤタス
対象者:2世帯/150人
活動:食料品の配布(パスタ、緑豆、塩、砂糖、コーヒー等)→2人
お粥の炊き出し→150人
 
4月23日@パヤタス
対象者:4世帯
活動:食料品の配布(米、穀物、パスタ、緑豆、塩、砂糖、コーヒー等)
 
4月24日@パヤタス
対象者:90世帯
活動:食料品の配布(米、穀物、パスタ、緑豆、塩、砂糖、コーヒー等)
 
4月25日@カシグラハン
対象者:200人以上
活動:マカロニスープの炊き出し
 
フィリピン政府はコロナウィルス拡散防止のため「強化されたコミュニティ隔離措置」を5月15日まで延期する事が決定されました。3月17日から実施されているので約2か月間隔離措置が実施されることになります。
 
一昨日、YouTubeでフィリピンの様々な情報を発信しているニュースチャンネル「フィリピントピックス(ふぃるトピ)」さんのライブ配信でソルト・パヤタス事務局長の井上が出演した際にもお話させていただきましたが、パヤタス・カシグラハン両地域で多くの人が困難に直面している中で、ローカルスタッフ・地域住民と協力しながらなるべく平等に物資が配布されるように活動をしております。
皆様からのご寄付は隔離措置延長に伴いまして、5月15日まで受付をさせて頂きます。

引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

 
ページ上部へ戻る