被災した子どもへのワークショップ

台風被害を受けた人たちへ物的な支援を実施することも大切ですが、精神面でのサポートも非常に重要です。11月21日の土曜日にフィリピンの劇団員であるJKさんにカシグラハンに来て頂き、絵本の読み聞かせやアートを通して心理的応急処置(Psychological First Aid : PFA)活動を子どもたちに実施しました。

当日はカシグラハンに住む6歳〜12歳の子どもたち20名が参加をしました。子どもたちは衛生について学べる絵本の読み聞かせ、アート活動を通して深呼吸をしたり身体を動かしたり、また自分が抱えている思いや感情を表現することができます。絵本の読み聞かせの後にはその絵本からの中から自分たちの生活に反映できる学びをそれぞれで考えて共有もしました。衛生に関する知識についても話し合いをしました。

今回ファシリテーターを務めてくれたJKさんは「子どもたちがオープンに自分たちの考えや感情を共有してくれたのが印象深かった。また2度目の活動をしたい。」と言ってくれました。

水や食料などの物資の支援と並行して、被災者の心のサポートも実施をしていきます。引き続きフィリピンの台風被災者支援へのご寄付を受け付けております。

ページ上部へ戻る