フィリピン パヤタス地区でのスタディーツアー、ワーク体験、ボランティア

【リテラシークラスの様子】

【リテラシークラスの様子】

ソルト・パヤタスでは5月末までの1ヶ月間、子ども達が新学期での勉強をスムーズに始められるように、そして不登校の生徒がもう一度学校に行けるように、リテラシークラス(識字教室)を開催しています。先日JKさん(元劇団員の方)やそのご友人方がご協力してくださり、普段とは一風変わった授業を行いました!その様子をお伝えします。
 
リテラシークラスでは今、「アルファベット」を覚える授業を行っています。
最初にみんなで身体を動かしながら歌を歌ったあと、自己紹介を行います。自分の名前の最初のアルファベットを身体で表現しながら、楽しく自己紹介を行うことができました!その後、アルファベットの書き方の授業を行います。指や手を動かしながら、アルファベットの書き順を覚えます。
 
授業が終わった後、絵本の読み聞かせを行うのですが、今回はシグさん(JKさんのご友人)に「影絵」を用いた読み聞かせを行っていただきました!影絵はシンプルに影のみで表現するので、子どもたちの「想像力」を働かせるのに効果的です。いつもと少し違った読み聞かせに、子どもたちも集中してストーリーに入り込んでいました。
 
2
 
最後には、子どもたちが紙をアルファベットの形に切り取り、自分たちが作ったアルファベットを光に当てて床に写しだし、みんなでアルファベットを作り上げることができました。
 
3
 
身体を動かしながら勉強することで、楽しく覚えることができますし、子どもたちの集中力の低下を防ぐこともできると思います。また、アルファベットを覚えるには「想像力」が必要だと感じました。子どもたちがアルファベットを覚えることができるように、明日からもサポートしていきたいと思います。今日はありがとうございました!
PAGE TOP