フィリピン パヤタス地区でのスタディーツアー、ワーク体験、ボランティア

リテラシークラス実施中! Part 2

フィリピンの学校は3~5月が夏休みで、6月から新学期に入ります。子ども達が新学期での勉強をスムーズに始められるように、長期休暇を利用してリテラシークラスを行っています!
 
リテラシークラスは、毎週月・火・水・金の週4回行っています。今回のクラスでは、体を使ってアルファベットを覚えよう!というアクティビティが行われました。
 
まず、床にAからZまで書き、一緒に丸も書きます。次に、けんけんぱの要領で、アルファベットを言いながら次の丸にジャンプして進んでいきます。子ども達はゴールに辿り着きたいので、途中でつっかえても必死に思い出そうと頑張ります。止まってしまっても、レクチャーする人が子どもと一緒に始めからA,B,C,D…と歌って、忘れてしまったアルファベットを、子ども自身で思い出せるようにサポートします。自分で思い出して前に進めた時やゴールに辿り着いた時、子どもはとても喜んでいました。クラスの最後では、一人ずつノートにアルファベットをひらすら書き、アルファベットの定着を図りました。
着々と子ども達の能力が身についている反面、クラスの参加率が下がりつつある事実もあります。その理由は、「お母さんが家にいなくて代わりに小さい子どもの面倒を見なければならないため」「お母さんの仕事を手伝うため」「友達との遊びを優先してしまうため」と様々です。
 
リテラシー2
 
より良い授業を考えることはもちろんですが、子どもに対する教育の重要性を、お母さん達に理解してもらう努力をしていくことも大切であると感じました。厳しい環境の中で生きる人々にとっては、今を生きるのが最も重要です。しかし、そんな中でも子どもの“未来”のことも考えていけるようになるために、ソルトは子どもと親へのサポートを続けていきます!
PAGE TOP