フィリピン パヤタス地区でのスタディーツアー、ワーク体験、ボランティア

リテラシークラスに向けて!inパヤタス!

パヤタスには、様々な理由で学校へ行くことができない子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちに勉強の楽しさを知ってもらいたい、学校に行ってもらいたい、そんな思いからパヤタスでリテラシークラス(識字教室)を行うことにしました。そして4/10(火)、その事前オリエンテーションを開催しました!
 
今回、対象となるのは、7~12歳の子どもたち。現在学校へ行っていないのには、様々な理由があります。例えば、基礎学力が低下し、学校の授業についていけなくなって学校へ通う意欲を失ってしまう。また友達からの誘いを断れず、学校ではなく遊びに行ってしまう。そして経済的な理由で学校ではなく働きに出なくてはいけない、などがあります。そんな子どもたちに向けたリテラシークラスは、毎週月、火、水、金曜に行われ、水曜はお絵かきのセッションとなります。ただ読み書きを教えるだけではなく、ライフスキルを伸ばすためのプログラムも組み込んでおり、「手を洗ってくる」「歯を磨いてくる」「お風呂に入ってくる」、こういった当たり前のこともここでは教えます。
 
IMG_7457
 
4/10(火)の事前オリエンテーションに参加したのは、21人の子どもたちと5人のお母さん。まずは子どもたちに自己紹介をしてもらい、その後はこのプログラムの目的の再確認とスケジュール確認をしました。このリテラシークラスを企画したパヤタス在住のラドックさんは、「今はまだ、このプログラムが子どもたちに効果をもたらすかどうかは分からない。それでも家庭訪問などを続けて、一人でも多くの子どもたちがこのプログラムに参加をし、学校に行けるようになるために後押しをしたい」と言っていました。
 
子どもは学校に行く、という日本では当たり前のように思えることが、ここでは当たり前ではありません。パヤタスの子どもたちは多くの問題を抱えていますが、このリテラシークラスを通して子どもたちが抱えている問題が少しでも解決され、子どもたちが勉強の楽しさを感じ、ライフスキルを身に着け、学校に行くようになるための一つの手助けになることを期待しています!
 
インターン 星野
PAGE TOP