フィリピン パヤタス地区でのスタディーツアー、ワーク体験、ボランティア

新しいインターンが加わりました!

マニラに新たな学生インターンが加わりました!

はじめまして!4月からインターンをさせていただいております、福岡教育大学4回生の竹内友梨恵です!これから1年間お世話になりますので、皆様どうぞお見知りおきください!それでは簡単にですが、O&A形式で自己紹介をさせていただきます!最後まで読んでいただけると幸いです。
 
Q.なぜソルトでインターンしようと思ったのか?
A.教育で貧困解決を目指している団体を探していたところ、ソルト・パヤタスがそれに当てはまっていたから。
 
私は将来貧困解決のための仕事に従事したいと思っています。私の家庭は経済的に余裕がなかったので、高校卒業後2年間働いて大学進学を果たしました。その経験を経て実感したことがあります。それは、貧しいと多くのことを諦めて生きていかなければならないということです。そのため、「教育のありがたさ」と「貧困によって生じる不平等」に対し、強い関心を持っています。自分の生まれた環境によって人生を左右されることなく、自分の生きたいように生きられる人々を増やしたい。そのためには、どうすればよいのか。自分には何ができるのか。そのヒントをつかむために、教育の力を用いて貧困問題に取り組んでいるソルト・パヤタスでインターンすることを決めました。
 
Q.インターン後にはどんな人材になっていたい?
A.貧困によって生き方を限られている人々が自分の望む生き方ができる、そんな世の中を実現し得る人材になっていたいです!
 
Q.今後の意気込みを、どうぞ!
A.貧困問題は根深く、容易に解決できる問題ではありません。そのため、まず「貧困問題についての知識・理解を深めること」、「現地の人の声を丁寧に聞き取り、問題の根本と現地の人のニーズを見出すこと」、そして「問題を解決するためのアプローチを思案していくこと」、これらが大事だと思っています。まだ右も左もわからない未熟な自分ですが、多くの人々がより良い人生を歩めるようになるために、私に出来ることはなにか、常に考えながら頑張っていきます!ぜひ宜しくお願いします!
 
竹内写真3
PAGE TOP